続々・ぼく「かん太」です

いづれの御時にか ワンコあまたさぶらひけるなかに・・・
<< 千本閻魔堂・大念仏狂言 | main | ボールで 遊ぶ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    上賀茂神社・競馬(くらべうま)
    0

      ♪ これから始まる



      ♪ 大レ〜ス〜



      ♪ ひしめきあ〜あって



      ♪ いななくは〜〜



      ♪ 上賀茂神社の大神事〜



      ♪ 今日〜は 競馬(くらべうま)めでたいな〜



      ♪ 走れ〜 走れ〜



      ♪ 走れ〜 走れ〜



      ♪ 走れ〜 走れ〜



      ♪ 走れ〜 走れ〜



      わ〜い 勝ったぞ 勝ったぞ〜〜



      たいへん勇壮な 催しでしたとさ



      (5月5日 京都・上賀茂神社)



       
      | かん太里親 | ちょっと歩いてみる | 21:45 | comments(7) | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:45 | - | -
        思わず心の中で「コータロー〜 追い越せ追い抜け引っこ抜け〜♪」と続きを歌いながら見てしまいました(^^)
        「コータロー」の字幕を予想しながら見ている自分、乗せられちゃいました(^O^)
        | 笑み | 2016/05/09 12:25 PM |

        ずっと更新がなかったので もしかしたら体調崩された?なんて心配もしてたんですが お出かけ 写真の整理に忙しかったんやね。
        うちの主人 母 馬券買うわけでないけれど 競馬中継が大好きです。 私本物のお馬さんには興味あるけれど テレビ中継はいまいちやわ。
        のってる人の衣装重たくないのかな?

        | さっちゃん | 2016/05/09 2:42 PM |

        <笑み 様>
        ありがとうございます そんな風にノッていただきますと
        編集者冥利に尽きるというものです
        殆ど不必要と思われる「走れ〜走れ〜」の連続
        はい 画像の枚数に合わせて 引っ張ってます
        内容の無い記事です わっはっはあ

        <さっちゃん>
        おや そちらの皆さんは 競馬中継のファンで
        あらせられましたか サラブレッド 美しいですよね

        で こちらの競馬(くらべうま)乗り手は舞楽の衣装を
        身に着けてます それで右方が緑色 左方が橙色なんですね
        昔は レースの終了後に 勝った方が
        実際に 舞いを舞ったのやそうですよ 
        なお この日に使用している馬具は 伝統的な様式なのですが
        江戸時代に作成されたものやそうですよ
        そのまま どこかの博物館に有ってもおかしくないモノですね

        | かん太里親 | 2016/05/09 10:38 PM |

        「大した眺めではないな」から、しばらく更新がないな〜、と。。。これは、旅行に行かれているな〜、思っていたら。(さっちゃんみたいに、優しさがないな。)一気に写真公開しすぎですよ〜。楽しいGWでしたか〜?
        | TS | 2016/05/10 1:56 AM |

        <TS様>
        ぶははは えらいすんませんねえ
        拙ブログ名物の「気まぐれ更新」
        「体調不良」でも「旅行」でも
        なかったんですねえ
        日帰りできる「近場(ちかば)」を
        ウロウロしてましたとさ
        わっはっはあ

        | かん太里親 | 2016/05/10 6:48 PM |

        私も一気に載せ過ぎや〜 ネタがなくなるど〜って
        思いました

        馬に乗ってる人は 素人?
        もちろんプロ?
        それとも 関係者で経験を積んでる人たちかな
        ま いいか

        最初の鳥居から第二鳥居までの長い距離
        ここを走るのかな?
        | おっちゃん | 2016/05/11 8:44 AM |

        <おっちゃん>
        会場はおっしゃる通り 
        「一の鳥居」と「二の鳥居」の間の細長いシバフ

        乗り手の皆さん「乗尻(のりじり)」と呼ばれてますが
        今では どのように人選されてるのか存じませんが
        代々 神職にゆかりのお家の方が務められてたようです
        単に馬術が巧みなだけではなく 
        様々な作法にも習熟しなければならず
        なかなか大変ですね 
        この日は中学生の乗尻さんも 参加されてましたよ

        http://www.agriworld.or.jp/agriworld1/umabunka/kurabeuma.html

        | かん太里親 | 2016/05/11 11:32 AM |










         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        このページの先頭へ