続々・ぼく「かん太」です

いづれの御時にか ワンコあまたさぶらひけるなかに・・・
<< 最近の「かん太」 | main | 「ミロ家の人々」と・・・ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | -
    最近の 奈良まち界隈
    0

       

      久しぶりの庚申です

       

       

      ん?

      ここ笑うとこやったんですけど・・

      面白いことなかった?

       

       

      奈良町といえば「元興寺」

       

       

      この季節

       

       

      萩の花が

       

       

      綺麗です

       

       

      カシャッ

       

       

      カシャッ

       

       

      カシャッ

       

       

      場所が変わって 

      駅前の商店街に面した和風建築 階段を登ると

       

       

      入口の破風には なぜか十字架が・・

       

       

      白壁とガラス障子をバックに 

      ひっそりと佇む  マリア像

       

       

      で 中に入ってみると 建物外観とは裏腹に

       

       

      キリスト教の 礼拝堂

       

       

      けど やっぱり どう見ても

       

       

      そこはかとなく漂う 和風っ

       

       

      和風っ

       

       

      和風っ

       

       

      パイプオルガンは ドイツ製らしい

       

       

      重要文化財指定を受けた 建物やそうです

       

       

      うっかり見てると 教会には見えませんね

       

       

      再び場所が変わって 

       

       

      この日 大仏殿前では

       

       

      賑やかな催しが

       

       

      開催されて ましたとさ

       

       

      皆さん お元気ですね

       

       

      わっはっはあ

       

       

       

       

       

      | かん太里親 | ちょっと歩いてみる | 13:37 | comments(6) | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:37 | - | -
        里親さんらしい始まりやわ。

        和風様式の教会 見たいわ。
        | さっちゃん | 2017/10/02 9:03 PM |

        <さっちゃん>
        奈良基督教会は明治20年(1887年)に創立されまして 
        現在の建物は昭和3年(1928年)に完成しました 
        信者さんの中に宮大工さんがおられまして 
        その方の設計によるんやそうですよ 
        説教台のカーブが なんとなく「神殿流れ造り」風なのが笑える

        パイプオルガンの設置は30年前との事でした 

        で「始まり方」お褒めにあずかり光栄です 
        って誰も褒めてないか まあええやないですか

        | かん太里親 | 2017/10/02 10:16 PM |

        和洋折衷ですが。。ここを和洋折衷にするとは。。すごいな〜。太鼓を演奏されている方々の後ろが面白い。まるで牢屋から何かを訴えている囚人のようですね。。この方達は観光客?映画のシーンみたいです。。
        | TS | 2017/10/04 2:18 AM |

        <TS様>
        日本国内には日本建築とは程遠い日本仏教の寺院もありますもんね
        まあ こんなんもアリやないでしょうかね ナンノコッチャ?

        太鼓演奏の真後ろからの観客 おもろいでしょ
        一応申し上げておきますが 
        演奏しているのは無料のエリアで
        真後ろの彼らのいるところは有料エリア
        この写真うつした人はお金払ってないけど
        彼らは大仏殿の拝観料を払ってる人たち
        | かん太里親 | 2017/10/04 9:53 PM |

        あはは〜おもしろ〜〜〜
        更新と庚申ね〜 久々わらった〜
        ま こんなかんじでいいでしょうか…
        さるごぼ っとか 呼びますよね

        いくら信者に宮大工がいたとしても
        こんな和風に建てて って 当時は
        賛否両論あったかもね

        TSさんのコメント 笑っちゃいました
        ふ〜ん
        おとんは 無料でってことですね?

        | おっちゃん | 2017/10/06 10:12 PM |

        <おっちゃん>

        「ま こんな感じで・・」
        はい ありがとうございます
        たいへん心の広いご対応に感謝します

        宮大工
        仕事が欲しくて付き合いで洗礼受けた っていうのは
        汚れた心の現代人による低俗な想像ですね
        明治の頃からこの地(元々は興福寺の境内やった場所)で
        布教活動してたそうですから 特に違和感はなかった
        のかもしれません

        最後の画像
        柵の向こうの彼が完全に演奏者たちを
        喰ってしまってますよね
        これあんまりオモロイ写真やから
        順番入れ替えて最後にもってきました
        はい 私は「ただ見」です

        | かん太里親 | 2017/10/07 10:39 AM |










            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>

        このページの先頭へ